無能社長の読書日記

東京で医療専門PR会社と通販会社を営む社長が、書籍を読む度に自らの無能に打ちひしがれるブログです。忘れっぽい自分のために、書籍の内容をメモ書きしていきます。ブログというより99%自分のための記録帳で御座います。
<< ポストモダンマーケティング 「顧客志向」は捨ててしまえ | main | プロフェッショナルプレゼン。 >>
みんなめがね
0
    ■Zoffスタイルプロジェクトチーム
    ■幻冬舎
    ■知的収入のエッセンス



    今回はビジネス書ではないので、ビジネス要点の書き出しは
    なしです。いきなり総評を。




    ・総評


    世にも珍しい(?)めがねの本です。
    書店でスタイリッシュなデザインに惹かれて思わず購入した本。僕自身も長い間近視でコンタクトとめがねを併用しているのだが「正しいめがねの選び方」という視点は今まで全く持っていなかった。

    本書を読んでみると、めがね選びの基本と銘打ち、人それぞれにマッチしためがねの選び方の指針を与えてくれる。

    指針を与えてくれると言っても、問題は「誰がその指針を作ったのか」という点が気になるが、本書は有名なあの「Zoff」スタッフさん達が社員総出でつくった書籍らしく、本の中の随所にZoffのセンスの良さが光っています。だから、めがね選び指針の指南役としては文句なしのバックグラウンドがありました。

    書籍自体は「めがねの写真集」といってもよいような出来。モデルさんやタレントさんがめがねをつける前(Before)とめがねをかけた後(After)双方を贅沢な大きさの写真で展開。コレみていると、新しいめがねを会に出かけたくなりますね。


    実は本書を読んだ後、株式会社ゾフ代表取締役社長の上野剛史さんにお会いする機会を頂けました。

    そこで本書執筆(写真集だから執筆ではなくて「撮影」かな?)の経緯や、Zoffという会社・商品・こだわりについて、思いがけぬインタビュー(というか雑談です)をさせて頂くことになりました。

    インタビューの内容自体は上野様に公開許可を取っているわけではないのでココで明かすことはできませんが、個人的に大変ためになるお話を多数伺うことになりました。本当に感謝です。


    めがねって、かなり奥が深いですね。


    上野様にお会いした感想は、
    まさに上記の一言でした。感謝感謝。







    みんなめがね
    みんなめがね
    Zoffスタイルプロジェクトチーム
    | mbc2010 | - | 10:26 | comments(0) | - | - | -









     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    このページの先頭へ